<   2011年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧

UGGムートンルームシューズ

UGGの魅力をご存知の方であれば絶対に欲しくなるのがルームシューズではないでしょうか。

冷え性の方でもそうでなくても、UGGのルームシューズを履いていればおうちの中でも快適に過ごせますよ。

スリッパタイプのものからシューズタイプまでありとってもかわいいんです♪



ファーのポンポンが付いたシューズタイプの物はピンク、パープル、ホワイトと優しい色ばかりでイチオシです!

ボーダーのスリッパタイプもかわいいですよね。

こちらもカラーバリエーション豊富で色違いで欲しくなってしまいそうです。

お馴染み「UGG」よりとってもキュートなUGGルームシューズが登場です。

たっぷりのボアで履き心地はふわっふわです。この上質な履き心地、素足で履きたい1足です。 UGGでは新鮮なニット素材、そのうえボーダー柄なのも見逃せないポイント。今やUGGのルームシューズはファッショニスタのマストアイテムです。



UGGルームシューズとしては少し値が張りますが、後悔することはまずありませんのでご安心下さい。

女性用だけでなく男性用、子供用もありますので家族でおそろいのルームシューズなんていうのもステキですね。



日本は靴を脱ぐ習慣がありますが、外国では家の中でも靴を履いていることが多いですよね。

そんな習慣からなのか、屋外でも履けるルームシューズもいくつかあります。

ソールがしっかり付いているのでスリッパのように滑ることもありません。



病院に行くほどひどい冷え性の方がこのUGGルームシューズで長年の悩みから解放されたなんて話もあるほどなので、相当優れものですよ。

足は一旦冷えてしまうと厚手の靴下やスリッパを履いてもずっと冷たいままだったりしますよね。

外から帰ってきてすぐUGGのルームシューズを履いて足を冷やす時間を作らないというのが重要かもしれません。

もちろん外出はUGGブーツで★

ムートンのルームシューズもあります。

これは実は使える優れもの!

UGGブーツアウトソールはゴム製ですが、アッパー部分(足の甲に触れる部分)はムートンを使っているのでもちろん履き心地は抜群!

ムートンの特徴である通気性の良さももちろん備わっています。

夏にはエアコンをガンガン効かせた部屋でも、UGGのスリッパがあれば足の極端な冷えを防いでくれて快適にお部屋で過ごせます。

もちろん冬場にも活躍するので、実は1年中使えちゃうってわけなんですね。

そして冬は外出用にUGGムートンブーツなどを履きつつも、お部屋ではUGGのスリッパでふわふわホカホカです。

しかも見た目もこんなにかわいいと、履くのが楽しくなっちゃいますよね。

みんなが履けるデザインなので、家族でおそろいで履くのもいいかも。

また友達への誕生日プレゼントなんかにも最適ではないでしょうか?

夏も冬も、1年中使えるUGGのスリッパで、快適に暮らしましょう!

店頭ではなかなか売っていないかもしれませんが、当店で購入できますので、気になった方はお試し下さい。

[PR]

by uggmasd | 2011-10-11 11:40 | ugg

UGG ブーツの豆知識

初めに、世界中で人気爆発中のブランド【UGG AUSTRALIA】は、オーストラリアのブランドではありません。デッカー社(本社アメリカ)のブランドです。


UGGの歴史


UGGムートンブーツは、パリスヒルトンやリンジーローハンなどの海外セレブが注目し人気を広めました。今や、入手困難な人気アイテムとなっています。始まりは、1978年に、サーファーのブライアン?スミスがオーストラリアとニュージーランドのビーチでシープスキンが縫われているのを見てアメリカに持ち込んだことが始まりといわれています。


1920年代オーストラリアの羊毛刈りを職業とする人たちの間でUGGは誕生しました。 カナダの戦争博物館では現在(「Fug Boots」という名前の)その展示を見ることが出来ます。 近代的な歴史の中で、明らかに羊の毛皮のブーツの人気が一次世界大戦と第二次大戦時には必要以外の暖かさを維持するために、高高度での面圧のためのパイロットで人気があったの結果を得た。 シープスキンブーツ 「アメリカUGG」は日本のデパートやモールでよく見かけるブランドです。 デカーズ社は1999年に「UGGオーストラリア」という名を、アメリカ、ヨーロッパで商標登録します。  アグ ブーツ 価格の方面から言えば、高品質なウールは値段が高いです。さらに関税と海外からの送料に加えて、絶対安いものになりません。一万円以下のUGGブーツは絶対偽者です。 その人気は、第一次世界大戦・第二次世界大戦のおかげで高まりました。 定番として愛されているニットブーツ。色違いでコレクションする人も多い人気アイテムです。 ラバー素材(ゴム底)に代表される、いわゆる登山靴やワークブーツの「ズッシリ感」はなく、見た目よりはるかに軽量でカジュアルな履き心地です。 流行に左右されやすいデザインや配色も多く見受けられます。 アグ 現在でも品薄状態が続いているだけに、見つけたら早めにご検討頂きたいブランドです。 ブーツが乾燥になると、皮毛を伸ばすために、専用のくつブラシを使って一方向で羊の毛皮をといて整えてください。 ugg ムートン ブーツ 内側はソールに至るまで、すべて柔らかなウールで覆われているので、どこにいても、まさにムートンラグに包まれているようです。 なお、アウトドアタイプのUGGは最初から防水加工が施されているので保護スプレーは不要です。 直射日光の当たる場所で乾かさない。


UGG呼び名の違い


ムートンブーツとシープスキンブーツは違うもの?と思っている人も少なくないですが、この2つの呼び名は言い方が違うだけで同じブーツです。なぜ同じブーツなのに呼び名が違うのか、それは、ムートンブーツとはフランス語からきたもので、シープスキンブーツは英語からきた呼び名ということ。Mouton(ムートン)はフランス語で、sheep skin(シープスキン)は英語です。共に、「羊」を意味します。


UGGブーツは、ジーンズにショート、ワンピースにロング、など秋冬のおしゃれにはかかせません?



というのは、Ugg bootsは羊の皮で作られています。UGGブーツで使用されているシープスキンは、①氷点下の寒さにも耐え得る②防水性が高い③湿気を逃すので夏でもむれにくいといった性能を兼ね揃えています。現在に至るまでを見てもわかるように、元々は、オーストラリアで寒い気候の中使えるスリッパとして作られていました。その後、パイロットが高度での寒さをしのぐために使用したことで人気が高まりました。また、サーファーたちの間で愛用されるのも、「防水性」と、水から出た後の寒さをしのげ、暖かさを保てるためです。そしてその性能は、夏でもむれず、冬は暖かいおしゃれブーツとして現在のムートンブーツの人気へと発展しました。


今や「アグブーツ」がムートンブーツの代名詞となるほど、UGGのデザインが基本となっています。


 


[PR]

by uggmasd | 2011-10-10 10:39 | ugg

UGGブーツのすごいところ

UGG”の語源をご存知でしょうか。

実は、ugly(ブサイク)から来ているそうですよ。

UGGブーツとしては1970年代に誕生したブランドですが、オーストラリアでは1920年代から履かれていたそうです。

当時は羊毛刈りを仕事とする職人たちが足を温かく保つためにシープスキンで足を包んでいました。

靴底もなくブーツと呼ぶにはあまりにも不格好だったことから、“ugly boots”(不格好なブーツ)と呼ばれるようになったそうです。



それからしばらくしてUGGは戦闘機のパイロットたちが履くようになったそうです。

そのきっかけとなったのが第一次世界大戦。

上空で体を温かく保つのにもってこいだったわけですね。



UGGブーツの魅力はなんといっても履き心地です!

中にムートンが敷き詰められていて保温性抜群で気持ちいいんですよね。

保温性だけでなく、通気性にも優れていて、熱と湿気を逃して足をドライに保つことができます。

温度調整をしてくれるので1日履いていてもムレることなく快適に過ごせますよ。

なんとウールは気温が氷点下でも温かく、真夏の暑さでも涼しく保つことができるんだそうです。



そしてブーツが軽量というところもポイントです。

UGGブーツに使用されている靴底はEVAソールというもので、大手スポーツメーカのソールに使われている素材と同じです。

EVAとはエチレン ビニール アセテートという化学素材でとっても軽いんです。

ラバー素材と呼ばれるゴム底と違いずっしり感がないので見た目より軽く疲れにくいのがうれしいですね。



もちろんUGGの魅力は実用性が高いということだけではありません。

定番から新作、コラボレーションモデルなど種類も多くカラーバリエーションも豊富です。



さらにどんなコーディネートにも合わせられるというところも大きなポイントです。

ぺたんこブーツですが、フォーマルや大人っぽく着こなすこともできますし、かわいくもOK。

スカートやパンツ、レギンスやトレンカなどどんなファッションにもマッチしますしUGGブーツを履いているだけでトレンド感も出ますよね。



最大のポイントは、同じブーツでも全く違った印象になるところではないでしょうか。

UGGブーツはアレンジが色々楽しめるブーツなんです。

折り返す幅によって色んな丈に大変身しますし、折り返して中のムートンを見せるだけでがらりと表情が変わります。

まるで何足もブーツを持っているかのような多彩なアレンジが1足でできちゃいます♪



しかし1足買ったら終わりではなく、また新しい種類や色が欲しくなる、それがUGGブーツのすごいところですね。


[PR]

by uggmasd | 2011-10-10 10:38 | ugg

UGG本物か見分ける簡単な方法

UGGの偽物についてよくわからなかったのですが、コメントいただいてるうちに調べてみようかなって・・・思いました

もしこれを読んで不安になったりそういう方がいらっしゃったらどうしようかと迷いましたが

まずUGGオーストラリアとはアメリカのブランドです

一般に言うUGGはオーストラリアのシープスキンのことでオーストラリアやニュージーランドにはUGGを売っているサイトがたくさんありますよ

もともとオーストラリアからアメリカへ持っていかれたものなのでオーストラリア製のもののほうが品質も上です



ここではUGGオーストラリアについての偽物か本物か見分ける簡単な方法をかいてみます

USサイトで見たのですがらとりあえず大事な部分を書き出してみました



Genuine Deckers UGG Australia Labels 

Deckers Outdoor社UGGのラベル

ugg






Deckers Outdoor社は、UGGブランドブーツの所有者です

実は現在UGGは中国で製造しています

このほとんど知られていない事実は、偽物を見分ける最初の方法です


UGGオーストラリアがオーストラリアまたはニュージーランドで製造とされているならば、偽UGGである証拠になります

ラベルは本物はUGGの文字は重なっています

偽物のラベルのフォントは本物と異なり太字のフォントで『australia』と書かれています



Uggブーツは高価です、それが安いならば特にそれがebayにあるならば、それはDeckers Uggでありません



偽物の縫い目の品質は、非常に悪いです

UGGの靴裏は文字が浮き上がっているUGGエンブレム

UGGの次に円形のRの印があります、偽のUGGはこれを持っていません





Uggsのあなたの新しい箱を開けるとき、クリーム色の文書Care Bookletが入っているはずです

ブーツとともに来るCare Bookletは白であります

それは語「Uggオーストラリア」が浮彫りにされ四角、小冊子の絵は鋭くて明白です

偽のものはひどい印刷で、銀色に光ってます

絵は、あいまいであるか不明に見え色は誇張されます



本物のUGGは、ハーフサイズはありません

classic tall に関して言えばサイズ5からサイズ11まで

そして高さ12”偽物は高さが高くなります



偽物は羊皮を使いません、その代わりにウールを染めます、プラスチックのようにちくちくし

こするとその部分はとれます

それのにおいを感じることができるはずです、染料のペンキ/ラッカーにおいがします

本物はほぼ無臭です



camel色はありません、また青いタグ、茶色の布保護バッグがついているものは偽物です



写真は左本物、右偽物

ugg

偽は両方オーストラリアの文字が太いですよね



ugg

一番下の靴底は偽ははっきりとしたラインてのかな皺が目立ちます



ってこうやって調べていくうちにもう少し調べて見るべきだったと後悔

ノードストロムやヴィクトリアシークレットはディーラーだということです

調べる方法を知っておいた方がいいかな?ってことで記事にしてみました

UGGには他にもSnug AustraliaとかJumbo Ugg Boots Australia ® いろんなメーカーあるのですが、これはUGGオーストラリアとは別物、別ブランドでオーストラリアのシープスキンメーカーになります


[PR]

by uggmasd | 2011-10-09 16:18 | ugg

UGGサボサンダル

UGGのサボが今注目を集めています。冬は、UGGのムートンが大人気でしたが、あたたかくなる春にむけてはサボにシフトする方が多いようですね。

UGGの作るサボサンダルは、さすがUGGと思うほどにとてもかわいらしいデザインになっています。

ヒールのサンダルもいいですが、海などリゾートで履くような、シンプルなサボサンダルは、マストアイテムとなるでしょう。

ビーチで履いてもいいですし、普段履くサンダルとしても活用できますよね。

UGGのサボサンダルは、レディースはもちろんのこと、メンズ、キッズも豊富に揃っています。

ムートンが、しっかりと使われているものもあります。このムートンが履き心地をよくしているんですね。

普通のサボは、足の甲からつま先まで全部覆われているのが多いのですが、UGGのサボにはオープントゥになっているものもあります。

オープントゥのサボなら、春先だけではなく、夏に履いていてもムレることもなく、快適な履き心地が楽しめるのがいいですね。

ソールはウッド素材で出来ているので、シープスキンとも相性抜群です。

また、ソールの高さは、高すぎず低すぎずの7.5cmで、歩きやすくて疲れにくいというのも魅力ですね。

JJやVIVI等、多数の雑誌にて紹介されており、多数のセレブ、有名人、モデルさんに愛用されているUGGから

サボサンダルが登場!ブーツ同様とても履きやすくヒールの高さを感じさせない安定感になっております。

UGGサボ軽くてあったかくて超はきやすい。仕事に最適や!可愛いし!買ってよかったー。


[PR]

by uggmasd | 2011-10-09 16:17 | ugg

UGGモカシン

UGGモカシンタイプのシューズは、海外だけでなく日本のモデルさんの間でも愛用者が多いと評判の高いローファータイプのシューズです。

最近雑誌などでもよく取り上げられていますよね。

UGGの人気スリッポン、ダコタの2010年秋冬新作が出ています。

モカシンタイプなので、足にフィットさせてひもを結べばオーケー!

脱いだり履いたりが楽ちんなデイリーユースの靴です。



靴の内側に沿ってムートンが張られていてとっても温かく、

色違いで揃える方もいるそうです。



最初はシープスキンがモコモコしているのできつく感じますが

履いているうちになじんでくるのでジャストサイズを選びましょう。中にモコモコしたものが付いているタイプがあり、素足でも履けるモカシンが人気が高いようです。

実はこのUGGモカシン、外履き用にもルームシューズ用にも使いわけることもできるほどにリラックスできる履き心地なんです。

デザイン的にもかなり可愛いものが多いようですので、若い人にはかなりオススメのモカシンシューズとなっているようですね。 スタイリッシュでありながら、ふかふかのムートンの裏地がやさしく足全体を包み込み、履き心地抜群なのがUGGのモカシンです。

近所にフラっと出かけるときも、友達とお買い物に行くときにも使えますよね!

ジーンズやスカートに合わせて履くとかわいいと思います。

UGGのモカシンはデザイン面でも機能面でも優秀な靴ですので、一度試してみてはぃかがでしょうか?

タグ:
[PR]

by uggmasd | 2011-10-08 09:49 | ugg

シープスキンブーツとは

シープスキンブーツはシープという名前の通りに


羊の毛を利用したブーツのことで、


オーストラリアではアグ・ブーツという言い方をします。


シープスキンブーツはしなやかで軽く、そして暖かいというのが


シープスキンブーツの特徴ですが、肌触りがとても良く表面仕上げを


好みで選べるという利点もあります。


シープスキンブーツは柔らかく足を包み込んでくれるので、


心地良さは抜群ですし疲れさせないので、


いつでもどこにでも履いて行きたくなる一足がシープスキンブーツです。


寒い季節が来ると自然と厚着になりますが、


冷えやすい足元をしっかりポカポカにしてくれます。寒い場所で生活をしている人には特にシープスキンブーツはお勧めです。


シープスキンブーツはカリフォルニアで人気を集め、


多くのセレブも注目しファッション雑誌にも何度も登場するようになりました。


キャメロン・ディアスやヒルトン姉妹なども愛用しているシープスキンブーツは


これからもどんどん人気を上げていくのではないかと思います。


見た目も可愛らしく、女性の冬の必須アイテムと言えるシープスキンブーツは、


暖かさを実感するために裸足で履いてみてもらいたいほどです。


通気性が良いので足が蒸れてしまうこともないのも、


シープスキンブーツのメリットと言えるのではないでしょうか。


カラーも豊富ですので好みに合わせて選ぶことが出来ます



シープスキンの豆知識


家畜用として世界では8,000年以上前から飼育されていたといわれる羊。

そして、羊の毛を刈って衣料に利用したり、食用に用いたり、乳製品への加工に用いるなど、昔から人々は羊をさまざまな形で用いてきたようです。

そして日本は戦前、防寒具の原料を自給するためにと輸入されたのがはじまり。

毛を刈った後で潰したヒツジの大量の肉を消費する方法として、日本でジンギスカン鍋が出来上がったという。

これはちょっといただけませんね。当店で扱うシープスキンは、食用にされた羊の革を使用しているので、この逆になります。


羊の革はもともとスペイン原産ですが、オーストラリアにおいて品種改良されたオーストラリアメリノ種の羊毛が最高品質とされ、飼育量もNo1のシェアをもっています。

メリノ種というからに、メリノには沢山の種類があります。

質があまりよくないものもメリノに含まれますが、ランクが下がります。

当店で扱うメリノ種のランクはトップクラスのものだけですよ。

羊のWool(内側のふわふわ部分)の特徴


1)保湿性が高い。

2)しわになりにくい。

3)他の繊維よりは燃えにくい。

4)抗菌・消臭機能がある。

5)空気清浄化作用。


抗菌・消臭機能というからして、確かにシープスキンを履いていると、ムレても臭くなりにくいのが特徴ですよね。


マイナス部分


1)洗うと縮む。

2)虫の害を受けやすい。

3)引っ張りや磨耗に弱い。

4)人によっては触るとちくちく感じる。

5)アルカリに弱い。

6)日光で黄変する。


タグ:
[PR]

by uggmasd | 2011-10-08 09:48 | ugg