カテゴリ:ugg( 29 )

オンラインで本物のUGGを購入

UGG、靴とアパレルのブランド名。UGGブーツは当初、寒さに対する足に着用する靴に包まれたオーストラリアのシープスキンブーツの2人のパイロットと第一次世界大戦中にオーストラリアの上昇です。1978 年、彼が開発した米国、カリフォルニア州、に羊のブーツのグループを持って来たので、サーフィンの他のメンバを表示し、シープスキンブーツを置くサーフィンオーストラリアのサーフィンビジネス志向の若い男、のフル、ブライアンスミスと呼ばれるまで、サーフィン市場は、羊のブーツのグループを集めた。それ以来、ユーラシアの土地の一見単純な志向が普及した形態をUGGの、羊皮ブーツの世界有数のラグジュアリーブランドになるために小さなサーフブランドから徐々にUGGの、そして風が吹いている間世界中で今人気がある21世紀初頭、UGGログイン中国は、嵐の雪のブーツの中国の消費量を導いた。
北京の朝陽区、ブルーハーバー高級ショッピング地区にアグだけでなく、公式サイトやショッピングモールに。まばゆいばかりのアカウントに様々な要因を取り上げることによって、店舗、価格は別の後に製品をオンラインでスタイルをアグ、現時点では、確かにオンラインよりもはるかに高価である、、これらのUGGは主に中国で作られた、羊毛から作られた本物のオーストラリアの羊皮のブーツの使用、品質保証、優れた信頼性の高い製品。
消費者のニーズ、UGG 1873 の様々な、クラシックなスタイルと、新しいソフトやウールを提供する主要なオンライン商人は、ように足の感覚が非常に快適、一定温度を維持することができます。すぐにそれを格納するためのオプション、http://www.brand1chs.comを選択してください。
[PR]

by uggmasd | 2011-11-15 09:50 | ugg

UGG独占の調査によると

エスキモーのような、ではない男性と女性のスタイルが、UGGhttp://www.ari-zin.com/独占の調査によると、シンプルな雪のブーツの毛皮のコートのようなスタイルそのもの。、ウールの労働者をシェービングブーツを着用する最初のオーストラリア、正確に話すテイトの夫の一部です。ブーツの男性モデルをUGGのムートンブーツを開始するので。

最も人気のあるスタイルにふさわしい雪のブ​​ーツをUGGの、独占クラシックショート、お​​よび最も人気のあるスターのブーツを選択。ファッションの普及に伴い、現在ではUGGブーツの通りでも、男性も威張っの完全な雪のブーツに置かれた、普遍的なファッションになっている。独占クラシックショート、メンズUGGブーツがあった

この冬は、男性はUGG5854を着用するように誘惑される!格子縞のシャツ、ショートパンツ、スノーブーツ、スノーブーツ快適の彼の表現を見て、紳士、トレンディーなミックスとマッチを利用するには、彼の足に怠惰なUGG5854黒のペアは、憧れに満ちているです。

一部の人々はそれが不公平で少女の雪のブーツの特許の場合は、この重い雪のブーツは、通常の方法は好きではない、オーストラリアでウールの労働者を剃ると言って正確になるよう、これらのブーツを着用する最初は、です。テイトの夫の一部です。しかし、暖かさと快適さの要因に加え、美的観点から。この毛むくじゃらの足がブーツを包み、そして男性は気質と一致していないように見える。
[PR]

by uggmasd | 2011-11-08 09:36 | ugg

UGGの生産拠点

UGGhttp://www.brand1chs.com雪のブーツは、オーストラリアで発祥し、オーストラリアのサーファーブライアンスミス 羊のブーツのグループが、それ以来、先進国市場をネットサーフィンすると、これらの羊皮ブーツを集め、米国、カリフォルニア州に到達するUGG徐々にシープスキンブーツの世界有数のラグジュアリーブランドになるために小さなサーフブランドから。UGG同時に非常に人気、UGG生産拠点は、懸念され始めている。

オーストラリア、中国はまたですUGG最大の生産、中国では、熟練した作り、広くユニークな低コストの労働市場、消費者団体を持っています。オーストラリアの羊のウール素材のメンバーは1つです。タンパク質や脂肪、柔らかく、繊細な、水分吸収の豊かなオーストラリアのピュアウール、。外部のガス交換と靴と靴を作り、元の構造を維持するために良い脱脂脱水処理後の工程でと羊、。羊のウールは純粋な動物の皮から作られ、人間の自然な非毒性の害を引き起こすことはありませんです。唯一のシニア腱の疲労、耐摩耗性ゴムの発泡体のベースです。その中で、UGGの毛を刈る や ジャンボUGGオーストラリアからのものである、オーストラリアの手作りです、厚い狂気を身に着ける、よりカジュアルなので、細心されません。UGGオーストラリアリーディングスタイルの登録に比べ、より多様になるUGGの毛を刈る や ジャンボUGGスタイルは、それぞれ独自の特性を備えた各も比較的小さいですが。

中国のUGG広東省で初の生産拠点。今福建省、江蘇省および他の場所UGG生産拠点は、製品には、スタイルだけでなく、生産、品質が悪いよりもオーストラリアのシープスキンブーツで生産されていない、我々UGGあなたの訪問を楽しみにして、安価な製造業者との長期的な協力を、保存する、私たちはあなたを提供させていただきます。アグ 店舗
[PR]

by uggmasd | 2011-10-24 10:01 | ugg

くたびれたムートンブーツ(UGGブーツ)を美しく蘇らせる方法

UGG」や「emu」など起毛革のブーツがくたびれてきたときは、毛を起こし、中の土やほこりをかきだし、栄養を与えれば、ある程度の汚れはきれいになります。

専用のブラシなどが必要になりますが、スエードの靴にも代用できるので、揃えておくと便利ですよ。



用意するもの

1:汚れを掻きだすための起毛用ブラシ

2:汚れのひどい箇所に使う部分用クリーナー

3:起毛革用栄養スプレー

4:毛の流れを整えるブラシ

5:防水スプレー

以上、5点を用意してください



やり方

汚れをかきだす

ムートンブーツの場合、毛の間に汚れが入り込んでいます。1のようなゴム製のブラシで、毛を起こすようにして全体の汚れを掻きだしてください。この際、あまり硬すぎるものだと、革に傷が入ったり、摩耗するおそれがあるため、ある程度弾力のあるものを使用するようにしてください。


部分的な汚れがあるとき

2のゴム製ブラシで汚れをこすり落としてください。優しく少しずつやるのがコツです。


靴に栄養を与え、防水加工を施す

3を靴全体に吹き付けます。革の色味が復活し、やわらかになります。(3には防水機能もあります)


自宅に5のスプレーがあるときは、こちらで代用してもかまいません。3を使って乾かしたあと、5を吹いてさらに乾かせば「防水・防汚」のガードが増すので、なおいいでしょう。


毛並みを整える

スプレーが乾いたあと、4のブラシで表面を整えます。馬毛のブラシでもかまいません。やさしく撫でるようにとかしましょう。


以上の処置でブーツの表面がかなりきれいになるかと思います。これらの手入れをこまめに施すことが、ムートンブーツを長持ちさせる秘訣です。


UGGブーツには水で洗えると言われているものもあるのですが、少し洗う手入れを間違えれば色が変わったり、しみになることもあります。できれば水で洗わないよう、汚さないよう履いていくことが肝要なのではないでしょうか。そのためにも、こまめに汚れを落とし、防水スプレーを吹き付けておくようにしましょう。


[PR]

by uggmasd | 2011-10-13 10:13 | ugg

UGG australia カジュアル

UGGはブーツだけではありません。

UGGスニーカーやサンダルも数々発売されていて、どれも履き心地は申し分ありません。

カジュアルなものでもちょっとしたお出かけにも使えて歩きやすいので、ブーツ以外のものも是非チェックしてみて下さい。


UGGカジュアルシューズをご紹介します。



・UGGスニーカー

UGGのスニーカーはスキマーなスタイルのものからハイトップまで色んなスタイルがあります。

土踏まずへのサポート力に優れていてシープスキンが敷き詰められたソールで一日中履いていても疲れず蒸れないのでお出かけにももってこいです。極上の快適さを提供する、UGG(アグ) ならではの履き心地を備えたクラシックなオックスフォード・スタイルのスニーカーです .足首とトングの周囲にツインフェイス・シープスキンの裏地を施した Evera は、機能性とスタイルを兼ね備えた一足です。



・UGGフラットシューズ

フラットタイプはバレエシューズやローファーなど実用的なものが多くあります。

中でも注目はモカシンタイプ。

クラシックなフラットバレエシューズのシルエットに新しいアレンジを加えたレディース Jolina Perf。 ポップなカラーとキュートなパンチ加工のディテール、そして本革シープスキン製インソールが特徴のこのフラットシューズは、おしゃれな装いに欠かせない一足です。素足で履けるのがうれしいシューズです。

こちらは外履きでもルームシューズとしてでも使えるリラックスした履き心地。

デザインや色もかわいいのでモカシンシューズをお探しの方には絶対おすすめです♪



・UGGサボ

最近注目を集めているのがUGGサボ。

春先にブーツからサボにチェンジするという方が多いようです。

シンプルなデザインですが、ウッド素材のヒールがリゾートの雰囲気を醸しだしています。

ヒールの高さもちょどよく、歩きやすさとデザイン性が兼ね備わったアイテムとなっています。

JJやVIVI等、多数の雑誌にて紹介されており、多数のセレブ、有名人、モデルさんに愛用されているUGGから

サボサンダルが登場!ブーツ同様とても履きやすくヒールの高さを感じさせない安定感になっております。

UGGサンダル

意外かもしれませんが、UGGにはビーチサンダルもあるんですよ☆

ビーチサンダルなのにシープスキンが敷き詰められているというところがとってもユニークですよね。

普通のビーチサンダルをUGGのものに変えるだけでオシャレ感が出るのでセレブ達の間でもかなり支持されているようです。

UGGムートンサンダルふわっふわのボアが、とても柔らかで上質なので、履き心地は 最高です。天然シープスキンは通気性に優れており、内にこもった熱や湿気を放出して、 夏の暑い日でも足をに常にドライに保ってくれます

[PR]

by uggmasd | 2011-10-13 10:12 | ugg

Ugg Holdings社

1995年 カリフォルニアのサーファーの間でそのブーツが広く使用されるようになっていたUGG Australia社ですが、ブライアン・スミスはこの年、会社(Ugg Holdings, Inc.)をアメリカの巨大なフットウェアカンパニーであるデッカーズ社(Deckers Outdoor Co.)に売却しました。



羊の毛皮のことをフランス語でMouton(ムートン)、英語でSheepskin(シープスキン)と言い、抜群の通気性と保温性、そして履き心地の良さを備えています。 アグ UGG ソフトでしなやかな肌触りと美しい光沢が特徴だ。 ugg クラシック トール 表革の表面を、サンドペーパーを使って起毛させたもの。 Ugg Infant's なぜなら知名度の低いオーストラリアUGGの中にも、とても品質の良いUGGを作っているメーカーはたくさんあるからです。 だからこそ、まず新品のうちにきちんと保護しておくことが大切です。 ugg ベイリ ボタン 購入後は市販の保護スプレーをブーツ全体に使用しましょう。 少なくとも1960年代以来、water.Uggsのうち暖かい中に維持するため、南カリフォルニアのサーファーや南カリフォルニアダウンヒルのスキーヤーの間で、ユビキタスとなり、Uggs、名前から来るそこから、人気が高いです。 ラバー素材(ゴム底)に代表される、いわゆる登山靴やワークブーツの「ズッシリ感」はなく、見た目よりはるかに軽量でカジュアルな履き心地です。 良質のシープスキンを使用し、保温性や吸湿性に優れているのはもちろん、見た目にも上質感が漂い、デザインを模しただけの安価なものとは差の付く逸品となっています。 合わせて人気の高いニットタイプのクロシェブーツも、履き口を折り返したりルーズにたるませたりと履き方を楽しめる。 オーストラリアのサーファー、ブライアン・スミスが、海から上がってきたサーファーたちの足を快適に包みたいと考えたのがきっかけです。 キュートな外見からは計り知れないほどに、一度足を滑り込ませたら虜になってしまう心地良さなのです。 ただ雨の日ははねた泥が付着しやすく、汚い水はシミの原因にもなりますので、汚れを避ける意味で雨の日はなるべく履かない方が賢明でしょう。 ドライヤーを使用しない。

[PR]

by uggmasd | 2011-10-12 10:48 | ugg

UGGブーツの魅力

 UGGブーツの魅力はなんといっても履き心地です!


UGGブーツに使用されている靴底はEVAソールというもので、

大手スポーツメーカのソールに使われている素材と同じです。

もちろんアグの魅力は実用性が高いということだけではありません。

定番から新作、コラボレーションモデルなど種類も多くカラーバリエーションも豊富です。

最大のポイントは、同じアグブーツでも全く違った印象になるところではないでしょうか。

アグブーツはアレンジが色々楽しめるブーツなんです。

折り返す幅によって色んな丈に大変身しますし、

折り返して中のムートンを見せるだけでがらりと表情が変わります。

まるで何足もブーツを持っているかのような多彩なアレンジが1足でできちゃいます♪

しかし1足買ったら終わりではなく、また新しい種類や色が欲しくなる、それがアグブーツのすごいところですね。

[PR]

by uggmasd | 2011-10-12 10:48 | ugg

UGG(アグ) Australiaとは?

UGGっていうのは、1920年代オーストラリアの羊毛狩りをする職人さんたちが履いていたブーツのこと。

足を羊毛でくるみ、外側には羊皮を巻いたブーツだったんだよ。


そのカッコ悪い姿を「Ugly Boots(不細工なブーツ)」と呼んだことから、

変化して「UGG Boots(アグブーツ)」になったの。


意外と知られていないけど、UGGブーツはこのようなブーツの総称なんだよ。


でも一般的にはUGGと言うと「UGG australia」というブランドを指すことが多いよね。

このメーカーは、アメリカのカリフォルニアで設立された会社。


1978年にシープスキン、ムートンブーツを中心に販売するためにできたんだ。


創始者ブライアン・スミスはデッカーズ社を立ち上げて「UGG Australia」のブランドを作るんだけど、

1999年に商標登録をしたの。


ところがこれが問題の火種に・・・


もともとオーストラリアには40社ほどのUGGブーツメーカーが存在していて、

彼らはUGG Bootsの名称はみんなの物だと考えていたんだよね。


ところがアメリカ人が商売のために「UGG Australia」を自社ブランドにしたから反発。

敗訴騒ぎにまで発展したの。


ぶっちゃけUGGの名称を独占されると古くからUGGブーツを作っていたメーカーは、

経済的な打撃も受けるってのもあったはずだけど。


日本でも歴史上の人物名を商標登録して地元から反発されたりしたけど、

まさにそのオーストラリア版って感じ。


とは言っても、全世界にUGGブーツを広めたのは「UGG Australia」だと言えるわけさ。


これはとっても難しい問題だけど、UGGを履く全ての人に知っていてもらいたい事実だと思うんだ。

理解した上でオーストラリアのメーカーのUGGブーツを輸入して履くのか、

「UGG Australia」のブーツを履くのかを決めたら良いと思うの。


☆UGG ワンポイント

UGGに次ぐムートンブーツメーカーのEMUだけど、

ここ数年で評価も上がってきました。
評価される点は、耐久性。

踵をすり減らして歩く男子や、長年に渡り履き続けたい30代以上の方にうけてます。

女性は歳を重ねるほどに冷え性に悩んだりするけど、

年配の方にも喜ばれるんだよ。
わたしは、物持ちが良い60代の母にEMUムートンブーツをプレゼントしたの。

温かいし、数年間は履けるから気に入ったみたい。
軽くて履きやすさを求めるならUGG、耐久性ならEMU。

こんな感じでチョイスするのも1つの方法なんだよ



ムートンブーツといったらUGG(アグ)として今や世界中で大人気のブランド。世界のトップスター「リンジー?ローハン」や「パリス?ヒルトン」日本では梨花さんなどがプライベートで愛用している姿が何度もメディアで目撃されています。UGG アグの歴史は1978年からはじまりました。もともとはオーストラリアのサーファーである「ブライアン?スミス」がアメリカに持ち込み、カリフォルニアのサーファーの間で浸透していったというのがそのはじまりです。その後、その実用性とルックスで、徐々に人気が集まり、今ではサーファーだけではなく、ハリウッドセレブも愛用するなど、ファッション業界でも注目される人気ブランドの地位を確立しました。今では誰もが認める「シープスキンブーツ=UGG アグ」という世界的な有名ブランドになっています。
ムートンブーツならUGG Australia(アグ オーストラリア!1つは持っていたいお洒落アイテム!

 市場にはたくさんの似た製品が出回っていますが、やはり持つならちょっとワンランク上のUGG(アグ)のブーツを1つは持ちたいところです。上質なシープスキンブーツはその質感、もこもこ感など、その履き心地は一度履いたらくせになり、リピーターが多いのもうなづけます。スニーカーを履くような感覚で気軽に毎日使いできちゃうのも人気の秘密です。


品切れ続出!入手困難な人気UGGブーツ! ここ最近で急激に人気が加速し、パリスヒルトンなどの有名なセレブの着用によりUGGブーツは大ブームとなり、今では多くのお店で完売状態といったことも多いようです。入手困難な人気アイテムとなっています。


[PR]

by uggmasd | 2011-10-11 11:41 | ugg

UGGムートンルームシューズ

UGGの魅力をご存知の方であれば絶対に欲しくなるのがルームシューズではないでしょうか。

冷え性の方でもそうでなくても、UGGのルームシューズを履いていればおうちの中でも快適に過ごせますよ。

スリッパタイプのものからシューズタイプまでありとってもかわいいんです♪



ファーのポンポンが付いたシューズタイプの物はピンク、パープル、ホワイトと優しい色ばかりでイチオシです!

ボーダーのスリッパタイプもかわいいですよね。

こちらもカラーバリエーション豊富で色違いで欲しくなってしまいそうです。

お馴染み「UGG」よりとってもキュートなUGGルームシューズが登場です。

たっぷりのボアで履き心地はふわっふわです。この上質な履き心地、素足で履きたい1足です。 UGGでは新鮮なニット素材、そのうえボーダー柄なのも見逃せないポイント。今やUGGのルームシューズはファッショニスタのマストアイテムです。



UGGルームシューズとしては少し値が張りますが、後悔することはまずありませんのでご安心下さい。

女性用だけでなく男性用、子供用もありますので家族でおそろいのルームシューズなんていうのもステキですね。



日本は靴を脱ぐ習慣がありますが、外国では家の中でも靴を履いていることが多いですよね。

そんな習慣からなのか、屋外でも履けるルームシューズもいくつかあります。

ソールがしっかり付いているのでスリッパのように滑ることもありません。



病院に行くほどひどい冷え性の方がこのUGGルームシューズで長年の悩みから解放されたなんて話もあるほどなので、相当優れものですよ。

足は一旦冷えてしまうと厚手の靴下やスリッパを履いてもずっと冷たいままだったりしますよね。

外から帰ってきてすぐUGGのルームシューズを履いて足を冷やす時間を作らないというのが重要かもしれません。

もちろん外出はUGGブーツで★

ムートンのルームシューズもあります。

これは実は使える優れもの!

UGGブーツアウトソールはゴム製ですが、アッパー部分(足の甲に触れる部分)はムートンを使っているのでもちろん履き心地は抜群!

ムートンの特徴である通気性の良さももちろん備わっています。

夏にはエアコンをガンガン効かせた部屋でも、UGGのスリッパがあれば足の極端な冷えを防いでくれて快適にお部屋で過ごせます。

もちろん冬場にも活躍するので、実は1年中使えちゃうってわけなんですね。

そして冬は外出用にUGGムートンブーツなどを履きつつも、お部屋ではUGGのスリッパでふわふわホカホカです。

しかも見た目もこんなにかわいいと、履くのが楽しくなっちゃいますよね。

みんなが履けるデザインなので、家族でおそろいで履くのもいいかも。

また友達への誕生日プレゼントなんかにも最適ではないでしょうか?

夏も冬も、1年中使えるUGGのスリッパで、快適に暮らしましょう!

店頭ではなかなか売っていないかもしれませんが、当店で購入できますので、気になった方はお試し下さい。

タグ:
[PR]

by uggmasd | 2011-10-11 11:40 | ugg

UGG ブーツの豆知識

初めに、世界中で人気爆発中のブランド【UGG AUSTRALIA】は、オーストラリアのブランドではありません。デッカー社(本社アメリカ)のブランドです。


UGGの歴史


UGGムートンブーツは、パリスヒルトンやリンジーローハンなどの海外セレブが注目し人気を広めました。今や、入手困難な人気アイテムとなっています。始まりは、1978年に、サーファーのブライアン?スミスがオーストラリアとニュージーランドのビーチでシープスキンが縫われているのを見てアメリカに持ち込んだことが始まりといわれています。


1920年代オーストラリアの羊毛刈りを職業とする人たちの間でUGGは誕生しました。 カナダの戦争博物館では現在(「Fug Boots」という名前の)その展示を見ることが出来ます。 近代的な歴史の中で、明らかに羊の毛皮のブーツの人気が一次世界大戦と第二次大戦時には必要以外の暖かさを維持するために、高高度での面圧のためのパイロットで人気があったの結果を得た。 シープスキンブーツ 「アメリカUGG」は日本のデパートやモールでよく見かけるブランドです。 デカーズ社は1999年に「UGGオーストラリア」という名を、アメリカ、ヨーロッパで商標登録します。  アグ ブーツ 価格の方面から言えば、高品質なウールは値段が高いです。さらに関税と海外からの送料に加えて、絶対安いものになりません。一万円以下のUGGブーツは絶対偽者です。 その人気は、第一次世界大戦・第二次世界大戦のおかげで高まりました。 定番として愛されているニットブーツ。色違いでコレクションする人も多い人気アイテムです。 ラバー素材(ゴム底)に代表される、いわゆる登山靴やワークブーツの「ズッシリ感」はなく、見た目よりはるかに軽量でカジュアルな履き心地です。 流行に左右されやすいデザインや配色も多く見受けられます。 アグ 現在でも品薄状態が続いているだけに、見つけたら早めにご検討頂きたいブランドです。 ブーツが乾燥になると、皮毛を伸ばすために、専用のくつブラシを使って一方向で羊の毛皮をといて整えてください。 ugg ムートン ブーツ 内側はソールに至るまで、すべて柔らかなウールで覆われているので、どこにいても、まさにムートンラグに包まれているようです。 なお、アウトドアタイプのUGGは最初から防水加工が施されているので保護スプレーは不要です。 直射日光の当たる場所で乾かさない。


UGG呼び名の違い


ムートンブーツとシープスキンブーツは違うもの?と思っている人も少なくないですが、この2つの呼び名は言い方が違うだけで同じブーツです。なぜ同じブーツなのに呼び名が違うのか、それは、ムートンブーツとはフランス語からきたもので、シープスキンブーツは英語からきた呼び名ということ。Mouton(ムートン)はフランス語で、sheep skin(シープスキン)は英語です。共に、「羊」を意味します。


UGGブーツは、ジーンズにショート、ワンピースにロング、など秋冬のおしゃれにはかかせません?



というのは、Ugg bootsは羊の皮で作られています。UGGブーツで使用されているシープスキンは、①氷点下の寒さにも耐え得る②防水性が高い③湿気を逃すので夏でもむれにくいといった性能を兼ね揃えています。現在に至るまでを見てもわかるように、元々は、オーストラリアで寒い気候の中使えるスリッパとして作られていました。その後、パイロットが高度での寒さをしのぐために使用したことで人気が高まりました。また、サーファーたちの間で愛用されるのも、「防水性」と、水から出た後の寒さをしのげ、暖かさを保てるためです。そしてその性能は、夏でもむれず、冬は暖かいおしゃれブーツとして現在のムートンブーツの人気へと発展しました。


今や「アグブーツ」がムートンブーツの代名詞となるほど、UGGのデザインが基本となっています。


 


タグ:
[PR]

by uggmasd | 2011-10-10 10:39 | ugg