くたびれたムートンブーツ(UGGブーツ)を美しく蘇らせる方法

UGG」や「emu」など起毛革のブーツがくたびれてきたときは、毛を起こし、中の土やほこりをかきだし、栄養を与えれば、ある程度の汚れはきれいになります。

専用のブラシなどが必要になりますが、スエードの靴にも代用できるので、揃えておくと便利ですよ。



用意するもの

1:汚れを掻きだすための起毛用ブラシ

2:汚れのひどい箇所に使う部分用クリーナー

3:起毛革用栄養スプレー

4:毛の流れを整えるブラシ

5:防水スプレー

以上、5点を用意してください



やり方

汚れをかきだす

ムートンブーツの場合、毛の間に汚れが入り込んでいます。1のようなゴム製のブラシで、毛を起こすようにして全体の汚れを掻きだしてください。この際、あまり硬すぎるものだと、革に傷が入ったり、摩耗するおそれがあるため、ある程度弾力のあるものを使用するようにしてください。


部分的な汚れがあるとき

2のゴム製ブラシで汚れをこすり落としてください。優しく少しずつやるのがコツです。


靴に栄養を与え、防水加工を施す

3を靴全体に吹き付けます。革の色味が復活し、やわらかになります。(3には防水機能もあります)


自宅に5のスプレーがあるときは、こちらで代用してもかまいません。3を使って乾かしたあと、5を吹いてさらに乾かせば「防水・防汚」のガードが増すので、なおいいでしょう。


毛並みを整える

スプレーが乾いたあと、4のブラシで表面を整えます。馬毛のブラシでもかまいません。やさしく撫でるようにとかしましょう。


以上の処置でブーツの表面がかなりきれいになるかと思います。これらの手入れをこまめに施すことが、ムートンブーツを長持ちさせる秘訣です。


UGGブーツには水で洗えると言われているものもあるのですが、少し洗う手入れを間違えれば色が変わったり、しみになることもあります。できれば水で洗わないよう、汚さないよう履いていくことが肝要なのではないでしょうか。そのためにも、こまめに汚れを落とし、防水スプレーを吹き付けておくようにしましょう。


[PR]

by uggmasd | 2011-10-13 10:13 | ugg