UGG(アグ) Australiaとは?

UGGっていうのは、1920年代オーストラリアの羊毛狩りをする職人さんたちが履いていたブーツのこと。

足を羊毛でくるみ、外側には羊皮を巻いたブーツだったんだよ。


そのカッコ悪い姿を「Ugly Boots(不細工なブーツ)」と呼んだことから、

変化して「UGG Boots(アグブーツ)」になったの。


意外と知られていないけど、UGGブーツはこのようなブーツの総称なんだよ。


でも一般的にはUGGと言うと「UGG australia」というブランドを指すことが多いよね。

このメーカーは、アメリカのカリフォルニアで設立された会社。


1978年にシープスキン、ムートンブーツを中心に販売するためにできたんだ。


創始者ブライアン・スミスはデッカーズ社を立ち上げて「UGG Australia」のブランドを作るんだけど、

1999年に商標登録をしたの。


ところがこれが問題の火種に・・・


もともとオーストラリアには40社ほどのUGGブーツメーカーが存在していて、

彼らはUGG Bootsの名称はみんなの物だと考えていたんだよね。


ところがアメリカ人が商売のために「UGG Australia」を自社ブランドにしたから反発。

敗訴騒ぎにまで発展したの。


ぶっちゃけUGGの名称を独占されると古くからUGGブーツを作っていたメーカーは、

経済的な打撃も受けるってのもあったはずだけど。


日本でも歴史上の人物名を商標登録して地元から反発されたりしたけど、

まさにそのオーストラリア版って感じ。


とは言っても、全世界にUGGブーツを広めたのは「UGG Australia」だと言えるわけさ。


これはとっても難しい問題だけど、UGGを履く全ての人に知っていてもらいたい事実だと思うんだ。

理解した上でオーストラリアのメーカーのUGGブーツを輸入して履くのか、

「UGG Australia」のブーツを履くのかを決めたら良いと思うの。


☆UGG ワンポイント

UGGに次ぐムートンブーツメーカーのEMUだけど、

ここ数年で評価も上がってきました。
評価される点は、耐久性。

踵をすり減らして歩く男子や、長年に渡り履き続けたい30代以上の方にうけてます。

女性は歳を重ねるほどに冷え性に悩んだりするけど、

年配の方にも喜ばれるんだよ。
わたしは、物持ちが良い60代の母にEMUムートンブーツをプレゼントしたの。

温かいし、数年間は履けるから気に入ったみたい。
軽くて履きやすさを求めるならUGG、耐久性ならEMU。

こんな感じでチョイスするのも1つの方法なんだよ



ムートンブーツといったらUGG(アグ)として今や世界中で大人気のブランド。世界のトップスター「リンジー?ローハン」や「パリス?ヒルトン」日本では梨花さんなどがプライベートで愛用している姿が何度もメディアで目撃されています。UGG アグの歴史は1978年からはじまりました。もともとはオーストラリアのサーファーである「ブライアン?スミス」がアメリカに持ち込み、カリフォルニアのサーファーの間で浸透していったというのがそのはじまりです。その後、その実用性とルックスで、徐々に人気が集まり、今ではサーファーだけではなく、ハリウッドセレブも愛用するなど、ファッション業界でも注目される人気ブランドの地位を確立しました。今では誰もが認める「シープスキンブーツ=UGG アグ」という世界的な有名ブランドになっています。
ムートンブーツならUGG Australia(アグ オーストラリア!1つは持っていたいお洒落アイテム!

 市場にはたくさんの似た製品が出回っていますが、やはり持つならちょっとワンランク上のUGG(アグ)のブーツを1つは持ちたいところです。上質なシープスキンブーツはその質感、もこもこ感など、その履き心地は一度履いたらくせになり、リピーターが多いのもうなづけます。スニーカーを履くような感覚で気軽に毎日使いできちゃうのも人気の秘密です。


品切れ続出!入手困難な人気UGGブーツ! ここ最近で急激に人気が加速し、パリスヒルトンなどの有名なセレブの着用によりUGGブーツは大ブームとなり、今では多くのお店で完売状態といったことも多いようです。入手困難な人気アイテムとなっています。


[PR]

by uggmasd | 2011-10-11 11:41 | ugg