UGG本物か見分ける簡単な方法

UGGの偽物についてよくわからなかったのですが、コメントいただいてるうちに調べてみようかなって・・・思いました

もしこれを読んで不安になったりそういう方がいらっしゃったらどうしようかと迷いましたが

まずUGGオーストラリアとはアメリカのブランドです

一般に言うUGGはオーストラリアのシープスキンのことでオーストラリアやニュージーランドにはUGGを売っているサイトがたくさんありますよ

もともとオーストラリアからアメリカへ持っていかれたものなのでオーストラリア製のもののほうが品質も上です



ここではUGGオーストラリアについての偽物か本物か見分ける簡単な方法をかいてみます

USサイトで見たのですがらとりあえず大事な部分を書き出してみました



Genuine Deckers UGG Australia Labels 

Deckers Outdoor社UGGのラベル

ugg






Deckers Outdoor社は、UGGブランドブーツの所有者です

実は現在UGGは中国で製造しています

このほとんど知られていない事実は、偽物を見分ける最初の方法です


UGGオーストラリアがオーストラリアまたはニュージーランドで製造とされているならば、偽UGGである証拠になります

ラベルは本物はUGGの文字は重なっています

偽物のラベルのフォントは本物と異なり太字のフォントで『australia』と書かれています



Uggブーツは高価です、それが安いならば特にそれがebayにあるならば、それはDeckers Uggでありません



偽物の縫い目の品質は、非常に悪いです

UGGの靴裏は文字が浮き上がっているUGGエンブレム

UGGの次に円形のRの印があります、偽のUGGはこれを持っていません





Uggsのあなたの新しい箱を開けるとき、クリーム色の文書Care Bookletが入っているはずです

ブーツとともに来るCare Bookletは白であります

それは語「Uggオーストラリア」が浮彫りにされ四角、小冊子の絵は鋭くて明白です

偽のものはひどい印刷で、銀色に光ってます

絵は、あいまいであるか不明に見え色は誇張されます



本物のUGGは、ハーフサイズはありません

classic tall に関して言えばサイズ5からサイズ11まで

そして高さ12”偽物は高さが高くなります



偽物は羊皮を使いません、その代わりにウールを染めます、プラスチックのようにちくちくし

こするとその部分はとれます

それのにおいを感じることができるはずです、染料のペンキ/ラッカーにおいがします

本物はほぼ無臭です



camel色はありません、また青いタグ、茶色の布保護バッグがついているものは偽物です



写真は左本物、右偽物

ugg

偽は両方オーストラリアの文字が太いですよね



ugg

一番下の靴底は偽ははっきりとしたラインてのかな皺が目立ちます



ってこうやって調べていくうちにもう少し調べて見るべきだったと後悔

ノードストロムやヴィクトリアシークレットはディーラーだということです

調べる方法を知っておいた方がいいかな?ってことで記事にしてみました

UGGには他にもSnug AustraliaとかJumbo Ugg Boots Australia ® いろんなメーカーあるのですが、これはUGGオーストラリアとは別物、別ブランドでオーストラリアのシープスキンメーカーになります


[PR]

by uggmasd | 2011-10-09 16:18 | ugg