シープスキンブーツとは

シープスキンブーツはシープという名前の通りに


羊の毛を利用したブーツのことで、


オーストラリアではアグ・ブーツという言い方をします。


シープスキンブーツはしなやかで軽く、そして暖かいというのが


シープスキンブーツの特徴ですが、肌触りがとても良く表面仕上げを


好みで選べるという利点もあります。


シープスキンブーツは柔らかく足を包み込んでくれるので、


心地良さは抜群ですし疲れさせないので、


いつでもどこにでも履いて行きたくなる一足がシープスキンブーツです。


寒い季節が来ると自然と厚着になりますが、


冷えやすい足元をしっかりポカポカにしてくれます。寒い場所で生活をしている人には特にシープスキンブーツはお勧めです。


シープスキンブーツはカリフォルニアで人気を集め、


多くのセレブも注目しファッション雑誌にも何度も登場するようになりました。


キャメロン・ディアスやヒルトン姉妹なども愛用しているシープスキンブーツは


これからもどんどん人気を上げていくのではないかと思います。


見た目も可愛らしく、女性の冬の必須アイテムと言えるシープスキンブーツは、


暖かさを実感するために裸足で履いてみてもらいたいほどです。


通気性が良いので足が蒸れてしまうこともないのも、


シープスキンブーツのメリットと言えるのではないでしょうか。


カラーも豊富ですので好みに合わせて選ぶことが出来ます



シープスキンの豆知識


家畜用として世界では8,000年以上前から飼育されていたといわれる羊。

そして、羊の毛を刈って衣料に利用したり、食用に用いたり、乳製品への加工に用いるなど、昔から人々は羊をさまざまな形で用いてきたようです。

そして日本は戦前、防寒具の原料を自給するためにと輸入されたのがはじまり。

毛を刈った後で潰したヒツジの大量の肉を消費する方法として、日本でジンギスカン鍋が出来上がったという。

これはちょっといただけませんね。当店で扱うシープスキンは、食用にされた羊の革を使用しているので、この逆になります。


羊の革はもともとスペイン原産ですが、オーストラリアにおいて品種改良されたオーストラリアメリノ種の羊毛が最高品質とされ、飼育量もNo1のシェアをもっています。

メリノ種というからに、メリノには沢山の種類があります。

質があまりよくないものもメリノに含まれますが、ランクが下がります。

当店で扱うメリノ種のランクはトップクラスのものだけですよ。

羊のWool(内側のふわふわ部分)の特徴


1)保湿性が高い。

2)しわになりにくい。

3)他の繊維よりは燃えにくい。

4)抗菌・消臭機能がある。

5)空気清浄化作用。


抗菌・消臭機能というからして、確かにシープスキンを履いていると、ムレても臭くなりにくいのが特徴ですよね。


マイナス部分


1)洗うと縮む。

2)虫の害を受けやすい。

3)引っ張りや磨耗に弱い。

4)人によっては触るとちくちく感じる。

5)アルカリに弱い。

6)日光で黄変する。


[PR]

by uggmasd | 2011-10-08 09:48 | ugg