ムートンブーツを選択方法

お洒落な感じがしないという声もありました。


最近のムートンブーツは編み上げタイプや刺繍が付いているもの、


ヒールのあるムートンブーツなど、


色々なデザインのものが販売されていますので、


お気に入りのムートンブーツを選ぶ楽しみも増えています。


ムートンブーツは70%もの湿気をブーツ内から外に出してくれるので、


通気性が良く足が蒸れてしまうこともないので、快適に過ごすことが出来ます。


湿気がこもらないように工夫されていますので、


気になる足の臭いもカットしてくれます。


冬場にブーツを履いて足の臭いが気になる人には、


ムートンブーツはお勧めです。


ムートンブーツは羊の毛を使用していますから、


寒い冬に履く靴というイメージが強いようですが、


通気性が良く涼しいので夏にも利用することが出来ます。


ムートンブーツは、通販やネットでも購入することが出来ますが、


人気が高くお気に入りのムートンブーツを探すのが大変かもしれません。


すぐに売りきれることも多いので、


ムートンブーツのご購入をお考えなら


ネットなどこまめにチェックするようにしましょう。


80年代からムートンブーツを生産している、


koolaburraは高級な羊の毛を使用していて、


オーストラリアのみで製造するというこだわりを持っています。


サイズは7,8,9などで表記されますが、5が22~22,5cm、6が23~23,5cm、


7が24~24,5cm、8が25~25,5cmとなります。


ムートンブーツはたくさんのメーカーから販売されていますが、


同じムートンブーツなのにお店によって価格が違うのではと


思っている人も多いようです。


ムートンブーツは安い買い物ではありませんので、


価格はとても気になる部分だと思います。


ムートンブーツは基本的に価格にそんなに違いはありません。


同じように見えるムートンブーツの価格にばらつきがあるのは、


表面仕上げの違いや素材の違いなどによって差が出るのです。


ムートンブーツの価格が高くなればそれだけいい素材を使用し、


縫製技術が高いということになるのです。


直接お店で商品を見る場合には、素材の違いなどが確認できると思いますが、


ネットなどでムートンブーツの購入する場合には注意しましょう。


ムートンブーツの素材が表記されブランドなども


きちんと説明されているかを確認してから購入するようにしましょう。


ムートンブーツは防水機能が高いのですが、


雨の日などは汚れも付きやすくなりますので、


水たまりに入ったりしないよう注意しながら履くようにしましょう。


すぐに雨水などが靴に入ってくるという心配はありませんが、


ムートンブーツを長く使うためにも大切に扱いましょう。


ムートンブーツはきちんと手入れを行なえば、長く履き続けることが出来ます。


毎年買い替えるという人もいるようですが、


手入れ方法は簡単ですので出来るだけ長く使用するようにしましょう。


ムートンブーツを直射日光に長期間さらしたり、


高温多湿の場所で長期間保管するのは避けましょう。


ムートンブーツだけでなく良い物を買って大切に使えば、


長く使うことが出来るのです


[PR]

by uggmasd | 2011-09-29 17:00 | ugg