MBTシューズのソール構造

MBTは姿勢維持に関わる小さな筋肉を活性化し、強化します。これらの筋肉が体表の大きな筋肉と協調的に働いてこそわたし達人間の体に本来備わっている衝撃吸収機構が正しく機能するのです。
d0249563_16591688.gif

それゆえにMBTシューズは、医師からその使用が推奨されたり、トレーニングの専門家から勧められたりしているのです。
踵のすぐ下にあるマサイセンサーは、中足部の下にあるバランスエリアとともに機能して、平らではない地面の上で立ったり歩いたりする動作を再現します。
このフットウェアでもっとも重要なのは、特許取得済みのソール構造。その要は、かかとの下のやわらかい部分、mbtシューズでよりよく歩くためのエクササイズマサイセンサーです。このマサイセンサーが「自然の不安定さ」を生み出し、体はそれに反応し反射的な小さな動きで体勢を安定させます。
[PR]

by uggmasd | 2011-08-16 16:59 | アグ情報